「河内長野市の超広角な世界」トップページへ

烏帽子形(城址)公園

古墳広場・展望台

河内長野市の超広角な世界

展望台の反対側、古墳の説明板の背後にある小山が古墳です。直径約16mの円墳で高さは約3m、昭和5年に一度掘り返されました。この時に石室のようなものがあったということですが、たたりがあるということで早々に埋め戻されたそうで内部は未調査です。展望台からは富田林のPLの塔が見えます。(画面下の右矢印クリックで展望台、左クリックで古墳広場)
城郭構造 山城   築城主・年 不明  主な城主 畠山氏  遺構 曲輪、空堀、土塁、井戸  国指定史跡  所有者 烏帽子形八幡神社  位置 北緯34度26分40.4秒 東経135度33分53秒