「河内長野市の超広角な世界」トップページへ

烏帽子形(城址)公園

こなら広場

河内長野市の超広角な世界

戦後、燃料用に植えられたコナラが多い広場です。広場の縁(ふち)は人工的な崖で切れ落ちていて周りを横堀が囲んでいます。大阪城で言えばお堀の石垣の上に当たるのでしょうか、戦国時代、この山城の守備兵が広場の縁の土塁の上から弓矢や長い槍で、下から侵入してくる敵兵に立ち向かっていたのを想像すると、明るい印象のこの広場のイメージもガラッと変わってしまいます。
城郭構造 山城   築城主・年 不明  主な城主 畠山氏  遺構 曲輪、空堀、土塁、井戸  国指定史跡  所有者 烏帽子形八幡神社  位置 北緯34度26分40.4秒 東経135度33分53秒