「河内長野市の超広角な世界」トップページへ

高野街道まつり

八木邸

河内長野市の超広角な世界

河内長野市の歴史遺産ホームページによりますと、「八木家住宅は江戸時代に高野街道の宿場町として栄えた旧三日市宿にあります。当家は木綿問屋を営んだ後、酒屋を営み、「東家屋(あずまや)」という屋号で呼ばれていました。― 中略 ― 主屋、土蔵ともに、伝統的な町屋の姿を良好に留めていることから、平成20年10月23日に国の有形文化財に登録されました。」とあります。