「河内長野市の超広角な世界」トップページへ

南天苑

正面玄関

河内長野市の超広角な世界

河内長野市唯一の天然温泉「南天苑」は、堺大浜潮湯別館(東京駅・日本銀行本店・中之島中央公会堂などを設計した明治時代の名建築家・辰野金吾の設計)を昭和10年に、古来より鉱泉の湧く天見にそっくりそのままのかたちで移築し高野山参詣のための温泉旅館にしたのが始まりだそうです。特徴的な赤い太鼓橋を渡ると大正ロマン溢れる正面玄関、中に一歩踏み入れると何か懐かしい風情とぬくもりに包まれそうです。
所在地 大阪府河内長野市天見158 座標 北緯34度39分72.8秒 東経135度59分46.0秒 業種 温泉旅館(本館建物は国の有形登録文化財) 泉質 天然ラジウム泉 創業 1949年(昭和24年)